ワードローブトリートメントの口コミ評判!料金プラン・特徴も

未分類

「ワードローブトリートメントっていう宅配クリーニング屋があるから頼んでみたいけど、料金も高いし、実際の口コミを見てから判断したいなあ・・」

「品質が高いっていうけど、本当に価格相応の品質なんだろうか?」

とお考えでしょうか?

ワードローブトリートメントは宅配クリーニング業界で最高価格・最高品質のサービスとして知られていますが、実際の口コミやクリーニングのこだわりを調べた結果、評判通り最高品質のクリーニングを提供してくれる事がわかりました。

この記事では

  • ワードローブトリートメントにオススメな人とそうでない人
  • ワードローブトリートメントの3つのメリットと2つのデメリット
  • ワードローブトリートメント利用者の本音口コミ
  • ワードローブトリートメントの料金、オプションと利用の流れ

を紹介します。

お読みいただければ、ワードローブトリートメントの全てが理解でき、申し込むかどうかを決める事ができますよ。

ワードローブトリートメントがオススメな人・そうでない人

最初にお伝えしたように、ワードローブトリートメントは「最高品質・最高価格」の宅配クリーニングサービスです。

そのためオススメな人・逆にオススメでない人は以下の様になります。

<ワードローブトリートメントがオススメな人>

  • ブランド物、革製品、カバンを始めとした特殊な洗濯物をクリーニングしたい人
  • 最高のクリーニング仕上げを実現したい人
  • 洋服に他社では落とせなかった濃いシミ、カビが付いている人

<ワードローブトリートメントがオススメでない人>

  • 必要以上にクリーニングにお金をかけたくない人
  • クリーニングに出す服を直近着る必要がある人

120%の仕上げを実現してくれるので、最高品質のこだわりを実現したい人や他社で断られた人はオススメですが、クリーニングに必要以上にお金をかけたくない人は他のサービスを利用した方が良いです。

では具体的に、ワードローブトリートメントのメリット・デメリットを具体的にみていきましょう。

ワードローブトリートメントの3つのメリット

ワードローブトリートメントのメリットは大きく分けると以下の3つです。

  • クリーニングのレベルの高さ
  • ほぼ全ての洋服をクリーニング可能
  • 最高のシミ抜き技術

順番に紹介していきます。

メリット1:クリーニングレベルの高さ

ワードローブトリートメントの一番の特徴は、やはり「クリーニングのレベルの高さ」でしょう。

まず前提として、ワードローブトリートメントでは宅配クリーニング業者で行なっている会社がほぼない以下2つのこだわりを徹底しています。

本来水洗いできない洋服を、特殊技術で水洗い

スーツ、ダウンなどの洋服は刺激に弱く、クリーニングの際に刺激が強くなる水洗いができず溶剤で優しく洗う(ドライクリーニング )のが普通です。

そのドライクリーニング は、洋服への刺激が弱いというメリットはありますが「油に溶けない、汗などの水溶性汚れが落ち辛い」という大きなデメリットがあります。

ですがワードローブトリートメントでは、本来水洗いできない洋服を特殊技術により水洗いする事が可能です。

Q.ドライクリーニング指定の衣服でも、水洗いしても大丈夫ですか?

A.クリーニング業界初、ドライマークも水洗いの『汗ぬき水洗いクリーニング』を開発した技術で対応させていただきます。ドライクリーニングでは汗や水溶性の汚れは取れません。

汚れが残っていると、全体の地色がくすんできたり、黄ばみの原因になりますので、おすすめさせていただいています。特に汗じみは無色透明のため、付着した時点では目に見えませんが、放っておくと黄変してしまい取れなくなってしまう場合があります。

出典:ワードローブトリートメント「よくある質問」


この水洗いにより、各洋服の水溶性汚れまでしっかり落とす事が可能になります。

洋服1点ごとにカルテを作成、各洋服に適した方法で完全に1点ずつクリーニング

普通の宅配クリーニング会社では、コスト節約のために複数の洋服をまとめて一気にクリーニングします。

ですが、ワードローブトリートメントでは洋服1点1点ごとに職人がチェックを行ってカルテを作成、そして各洋服に一番適した方法で完全に1点ずつクリーニングを行います。

ワードローブトリートメントは完全一点洗いをサイト上で表明している。
出典:ワードローブトリートメント


この完全1点洗いにより、ただ洋服を綺麗にするだけでなく、以下の様な仕上がりを体験する事ができます。(公式サイト利用者のインタビューより)

鴨志田:プレスも素晴らしかったです。いわゆるテーラードの服は、生地やパターンも大事ですが、その作りを生かすのはプレスなんです。戻ってきたスーツはショルダーのラインが美しかったし、ラペルもあえて甘い仕上がりになっていました。服の構造に対する理解も深いんだなと感じましたね。

ー日本ではキッチリとプレスをかけることが正しいとされているのかもしれません。でも、そうじゃない、と。

鴨志田:西洋では甘めが正しくて、ふわっとするかどうかがキモなんです。紳士服にはアイロンで仕立てを作っていく作業があるんですが、それに近いことをされているというのがわかります。

出典:ワードローブトリートメント公式サイト「インタビューVol.1」


他の宅配クリーニング会社は「しっかりプレスします」という決まり文句をサイト上などで使っています。

ですが洋服を最高の状態にするためにはしっかりプレスし過ぎてもマイナスになるケースがあります。ワードローブトリートメントはここまで考えて仕上げを行なってくれます。

向:じつはこのスカートも諦めていたアイテムなんです。目立つシミがあって、一度近所のクリーニング屋さんに出したんですけど、「これ以上のシミ抜きはできません」っていうお決まりのタグがついて戻ってきて、やっぱりそうなんだ…と。これがアヴァンギャルドなデザインだったら誤魔化して着ることが許されるのかもしれないけど、これは優美で品のあるスカートなので、シミひとつで台無しになってしまうじゃないですか。

ーたしかに、そうかもしれません。

向:でも、サービスを受けて戻ってきたこのスカートを見ると、もはやシミがどこにあったのか分からないですよね。お店の方にお話を伺ったら、生地を痛めないように弱いシミ抜き剤から順に試していっているようで、そういった対応にも感動を覚えました。

出典:ワードローブトリートメント公式サイト「インタビューVol.3」


この話も興味深いです。ワードローブトリートメントは高いシミ抜き技術を持っていますが、それはただあらゆるシミを落とせるというだけではなく「如何に生地を痛めずにシミを抜くか」という点にも最大限の配慮をしてくれます。

この様にワードローブトリートメントは「洋服1点1点をベストな状態にする為のありとあらゆる工夫」を行なってくれます。

メリット2:ほぼ全ての洋服をクリーニング可能

ワードローブトリートメントの2つ目の特徴は、モンクレールのダウンなどのブランド物・ドレスはもちろんの事、靴・カバンなどを含めてほぼ全ての洋服・洗濯物をクリーニングする事ができるという事です。

宅配クリー二ングでは、以下の様な洋服のクリーニングは断られるケースが良くあります。

  • 皮革製品
  • ウェディングドレス
  • 和服(着物)
  • 洗濯表示がない服、海外製の服

また、カバン、靴などもクリーニングできる業者は大きく限られます。

ですが、ワードローブトリートメントではこれらを含めた基本的に全ての洋服・洗濯物をクリーニングしてもらう事が可能です。

実際公式サイトにも、以下のような頼りになる文章があります。

Q.洗えないと断わられた事がありますが?

A.各社技術力に差がありますので、その様なケースはあると思います。当社では基本的に返品するケースはありません。

出典:ワードローブトリートメント「よくある質問」


このように、基本的にどの洋服もクリーニングを行なってくれるというのも、ワードローブトリートメントの強みです。

メリット3:最高のシミ抜き・色補正技術

ワードローブトリートメントの3つ目の特徴は、他社とは比べ物にならない最高品質のシミ抜き技術を持っているという事です。

実は、通常の宅配クリーニング業者では、以下2種類のシミを落とす事はできません。

  • シミによって変色・脱色が起きている場合(ついてから1ヶ月以降のシミ。)
  • 直接繊維を染めるシミ(水性インク、ペンキ、ニスなどのシミ。付いた瞬間から取れない。)

これは、業界最大手のリネットが公式サイト上で丁寧に解説しています。

出典:リネット「無料シミ抜きについて」

そもそもリネットを含め「有料のシミ抜き」を宅配クリーニング業者は殆どないですし、業界NO.1のリネットのシミ抜きレベルが他社と比べて低い訳ではないので、大方のクリーニング業者ではこのようなシミを取るのが難しいという事がわかります。

しかしワードローブトリートメントではほぼ全てのシミを落とす事が可能です。

実際ワードローブトリートメント公式サイトでは、他社では一度付いたら期間に関わらず取る事ができない「ニス」のシミを取った事例が公開されています。

出典:ワードローブトリートメント「しみぬき技術」


そのため、シミによる変色や他社で取れなかったシミが付いている洋服は、ワードローブトリートメントにお願いすればその高いシミ抜き・色補正技術により綺麗に落とす事が可能です。


ワードローブトリートメントは店舗から申し込み可能

ワードローブトリートメントは、目黒区青葉台に1つ店舗を構えています。

実はこの店舗から直接洋服を出すことも可能で、この場合は直接口頭でスタッフに要望を伝えたり、ヒアリングを受けることが可能です。

もし東京にいる方で、プロとより細かなやりとりをしたい場合や、実際の店舗を覗いてみたい人は、ぜひ足を運んでみてください。

住所〒153-0042 東京都目黒区青葉台3-8-10
アクセス東急田園都市線 池尻大橋駅 徒歩10分
東急東横線 中目黒駅 徒歩10分
営業時間OPEN : 10:00 – 20:00(日・祝休業)
電話番号TEL : 03-6416-9133

ワードローブトリートメントの2つのデメリット

ここまではワードローブトリートメントのメリットをお伝えしましたが、合わせて以下2つのデメリットもお伝えします。

  • クリーニング料金が高い
  • 納期が長い

とは言っても、この2つのデメリットは上のメリットの代償とも言える物です。

デメリット1:クリーニング料金が高い(高級)

当たり前ではあるのですが、ワードローブトリートメントは他社と比較した時に高いです。

いくつかの洋服種類について、他社との料金比較を紹介します。


ワードローブトリートメントリネットせんたく便
(種類に関わらず同額)
ワイシャツ3520円290円798円
スーツ上下9240円1610円798円
コート7810円1900円798円


このように、他社と比べると結構な金額差が生まれます。

もちろんこれは最高の仕上がりを実現するための物なのですが、もしこれが流石に高すぎるとなれば他の宅配クリーニングを利用する事をお勧めします。

デメリット2:納期が長い

これもしょうがない部分ではあるのですが、ワードローブトリートメントでは1点ずつ別々の方法で丁寧にクリーニングを行うので、他社よりも納期が長くなる事が多いです。


ワードローブ
トリートメント
リネットせんたく便
通常の洋服3〜4週間最短5日最短5日
皮革製品・ドレスなどの特殊な洋服3〜4週間3〜4週間クリーニング不可能


注文を行う際は、念の為この点を認識しておきましょう。

ワードローブトリートメントの口コミ評判

メリット、デメリットを紹介しましたが「実際使っている人からはどの様な口コミがあるんだろう?」も確認したいですよね。

ネットでみられたワードローブトリートメントの口コミをいくつかピックアップしてお伝えします。


まずはtwitterから。やはり使った人の率直な評価は「とてもいいケアをするが価格が高い」という物になる様です。

次は別サイトから2つ。

みつきさん 投稿日:2018.12.23 星4.00点(5点中)

新品のような仕上がり

大切にしているブランド服をクリーニングして貰いたいと思って利用しました。

他のお店に比べると料金が高いという印象を受けましたが、商品が手元に戻ってきた時は納得しました。まるで新品になったような仕上がりで、洋服が生き返った感じがします。一度利用した後は、もう他のお店は利用出来なくなってしまいました。

「このシミはダメかもしれない」と思った大きなシミも綺麗に消して頂き、お気に入りの服を長く愛用出来るようになったと思います。「クリーニングなんてどこも一緒」と夫に言われていましたが、無駄に洋服を買い替える事も無くなり、賢く節約出来るようになりました。

出典:みん評「ワードローブトリートメント」


「洋服が生き返った感じがします」という言葉が印象的ですね。

また、料金が高い一方で仕上がりが良いので無駄な洋服買い替えがなくなり、賢く節約できる様になったという意見も素晴らしいですね。

まぁさん 投稿日:2019.12.13 星1.00点(全5点中)

高すぎ

染み抜き22000円請求きたんで、キャンセルしましま!ありえない!

送料もたかいし、なめすぎ!

出典:みん評「ワードローブトリートメント」


シミ抜きが22000円というのは、確かに高いですね。。

ですがワードローブトリートメントのシミ抜きは、簡単なシミであれば料金はかかりませんし、難しいシミの場合も1000円〜という料金目安です。

Q.しみぬきはいくらですか?

A.特殊なしみ(インク、マジック、口紅、ワイン、ペンキ、血液、古い黄変など通常の洗いやしみぬきで取れないしみ)以外は無料でしみぬきさせていただいております。しみぬきの依頼をいただいた場合でも、作業の結果取れなかった時、簡単に取れた時はしみぬき料金をいただきませんしみの種類、範囲、お洋服の素材によりますが、1,000円~のお見積りをさせていただいております。

出典:ワードローブトリートメント「FAQ」


そのため、この口コミが本当だとしてもよっぽど特殊なケース(特殊な素材の洋服の全体に、難しいシミが付いている様なケース)だと言えるので安心してください。

最後に、ワードローブトリートメントの前身、「コンシェルジュテラマエ」のレビューから1つ。

さすがはオーダーメイドクリーニング、普通のクリーニングチェーン店には決して真似の出来ないクオリティだと感じます。

以前記事にした夏物ジャケットのクリーニングの時もそうでしたが、私はコレまでの人生の中で、クリーニングで感動を覚えたことがありませんでした。

むしろ色落ちや毛羽立ち、型崩れなどで毎度毎度幻滅していたんです。ですからクリーニングに出したくてもどこなら美しく洗いあげて頂けるのかが分からなかったんです。

(中略)

値段はかなりお高いですが、衣類へのダメージが少ない点が支持できる最大のポイントなんです。

 数回のクリーニングで衣類がダメになってしまうよりも高くてもそこにお金を投資することで、さらにその洋服たちへの愛着が増して大切に永く付き合っていけるのではないでしょうか。

出典:ハシモトの物欲ブログ


「私はこれまでの人生の中で、クリーニングで感動を覚えた事がありませんでした」

というセリフが印象的ですね。

洋服への愛着が増して、大切に末長く付き合っていけるという言葉も素敵です。

これからの口コミから、もちろん値段の高さはネックになりますが、クリーニング品質については、思わず感動してしまうほどの品質である事がわかりますね。

ワードローブトリートメントの料金・オプションメニュー

では次に、ワードローブトリートメントの料金やオプションについて解説します。

まず、ワードローブトリートメントの主な料金表は以下の様になっています。

洋服種類料金
シャツ3520円
スカート3850円
スーツ上下9240円
ワンピース6930円
コート7810円
振袖23100円〜
5280円〜

詳しい料金表

また、送料は無料です。

送料無料(北海道・沖縄地区およびその他の離島は除く。)


※ワードローブトリートメントの支払い方法は「代引き引換え」のみとなっています。支払いタイミングは、クリーニングが終わり洋服が返送された後となっています。

ワードローブトリートメントの割引クーポン・キャンペーン情報

ワードローブトリートメントでは、定期的にお得なクーポンを配布するキャンペーンを行なっています。

一番最近行われたキャンペーンは、2020年の4月〜6月末まで、3点申し込み時に1点の料金が半額になる、というものでした。

キャンペーン情報は公式サイトの「ニュース一覧」ページから見ることができるので、念の為申し込み前にキャンペーンが開催されていないか目を通しておくことをお勧めします。

オプションは以下の3種類が利用可能です。

オプション1:ワードローブサービス(洋服保管サービス)

クリーニング後に洋服を温度・湿度が保管された専用ルームで最大7ヶ月保管してくれるサービスです。

家のクローゼットが狭かったり、当分着る予定のないシーズンものの服にお勧めです。

料金:440円(1点)
※着物、革、毛皮類、ウェディングドレスなどの特殊品は1点2200円です。

オプション2:品質保障制度

品質保障制度は、クリーニング後にシミ残りや仕上がりに不満がある場合「受け取ってから6ヶ月以内でタグ付き」であれば、無料で再度クリーニングを行なってくれるサービスです。

他のサービスでもこの品質保障制度はありますが、だいたい受け取ってから7日や30日など、期間が短く気付いた時には過ぎているケースがあります。

この6ヶ月間という破格の期間の長さからも、ワードローブトリートメントの品質に対する自信の高さが伺えます。

オプション3:シミ抜き・洋服補修など

洋服が激しく汚れていて追加のシミ抜きが必要な場合や、ファスナー補修など洋服に修理が必要な場合も、追加料金で対応してくれます。

ワードローブトリートメントでは、一度注文して洋服を送付後、スタッフが洋服の状態を確認してお客さんに見積もりをメールで送ります。

お客さんがそれに了承することで、クリーニング開始となります。(キャンセルも可能です)

ワードローブトリートメントでクリーニングをお願いしてみたい!と思われたでしょうか?

次の章では、注文のステップをポイントと合わせてお伝えしていきます。

ワードローブトリートメントの注文の流れ

ワードローブトリートメントの注文の流れは以下のようになっています。

  • STEP1:webサイトにアクセスし、見積もり確認→仮注文の実施。
  • STEP2:洋服の梱包、配送業者に受け渡し
  • STEP3:正式見積もりメールの受信
  • STEP4:クリーニングの実施→洋服の返送

注意点を含め、順番に細かく解説していきます。

STEP1:webサイトにアクセスし、見積もり確認→仮注文の実施。

ワードローブトリートメントのwebサイトにアクセスして「見積もり・価格表」を選択しましょう。


その後ページ最下部から「お見積もりを確認する」をクリック。


その後、見積もり画面が表示されるので下にスクロール。

仕上げの要望があれば記入し(わからない場合は記入しなくても、後ほど職人さんが提案してくれます。)、「新規会員登録してオーダーする」をクリック。


あとは必要事項を入力すれば注文が可能です。

STEP2:洋服の梱包、配送業者に受け渡し

注文を行なったら、指定した集荷日までに自身で袋や箱を用意し、洋服の梱包を行なっておきます。

※ポイント:梱包用の箱はなるべく上部なものをお勧めします(ビニール袋ではなくダンボール、神袋など)。なお梱包に使った箱は破棄されてしまうので、注意しておきましょう。

※ポイント:ワードローブトリートメントはコンビニや宅配ボックスでの引き渡しはできません。自分が家に居られる時間を集荷時間に設定しておきましょう。

STEP3:正式見積もりメールの受信

集荷から約3日後。宅配業者が洋服を送り、ワードローブトリートメントの担当者が洋服状態を確認して作業工程を決定、その作業内容を踏まえた正式費用がメールで送られてきます。

このメールにお客さんが承諾の返信をすることで、クリーニングがスタートします。

ポイント:費用が予想以上に高くなってしまってクリーニングしたくなくなった場合は中止も可能ですが、往復送料は自己負担となります。

STEP4:クリーニングの実施→洋服の返送

見積もりメールに返信してから2-3週間程度で、クリーニングが行われ洋服が手元に返送されます。

返送の際は、洋服の型崩れを防ぐために無料で以下のようなハンガーボックスに入れて返送してくれます。(他社の場合だとオプションで追加料金3000円程度かかるものです。)

出典:ワードローブトリートメント


また、包装には不織布と呼ばれる保湿性の高い布が使われており、このまま洋服を保管することができます。

※他社の場合はビニールの包装が多く、この場合は保湿性が低く洋服のカビ発生の原因となってしまいます。そのため、ビニール包装は返送後すぐに捨てる必要があります。)

代金支払いはこの際に代引きでのお支払いとなります。

まとめ

ワードローブトリートメントの魅力は感じられたでしょうか?

この記事でお伝えした通り、ワードローブトリートメントは料金こそ高いものの、思わず感動を覚えるようなクリーニング品質を実現してくれます。

利用することにより、自分が好きな少数の洋服を大事にする様な、ライフスタイルが実現できるかもしれませんね。

最後にワードローブトリートメントの各種情報を掲載しておきます。

<ワードローブトリートメントの各種情報>

サービス名ワードローブトリートメント
おすすめな人とそうでない人<オススメな人>
・ブランド物、革製品、カバンなどの特殊な洗濯物をクリーニングしたい人
・最高のクリーニング仕上げを実現したい人
・洋服に他社では落とせなかった濃いシミ、カビが付いている人

<オススメでない人>
・必要以上にクリーニングにお金をかけたくない人
・クリーニングに出す服を直近着る必要がある人
特徴・最高のクリーニング品質
・シミ抜きレベルの高さ
・基本的に何でもクリーニング可能
・料金が高く、納期は長い。
料金ワイシャツ:3520円
スーツ上下:9240円
コート:7810円
※送料は無料
※汚れや状態が悪い場合は追加料金の場合あり。
オプション・ワードローブサービス
→最長7ヶ月の洋服保管サービス。1点440円(着物などの場合は2200円)

・品質保障制度
→品質に不満がある場合はタグが付いていれば受け取り6ヶ月以内で無料で再度クリーニング

・シミ抜き、洋服補修など
→スタッフが洋服確認後、別途料金として提案。
納期注文から3-4週間程度

ワードローブトリートメントにぜひお願いしたい!」となった方は、ぜひ注文して感動のクリーニング品質を体感してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました