保管付き宅配クリーニングの徹底比較!人気や安いサービスのおすすめ6選

「冬服をしばらく使わないから、宅配クリーニングで保管をお願いしたいな・・」

「保管がオススメな宅配クリーニング業者はどこなんだろう?」

とお考えでしょう。

保管サービスは、数多くの宅配クリーニング業者が提供していますが、実は「おすすめ」と言える保管サービスは限られています。

この記事では

・<パターン別>長期保管ができるオススメの宅配クリーニング6選

・その他有名な保管サービスをオススメしない理由

・保管サービス利用時の注意点

をお伝えします。

宅配クリーニング業界は、各社の違いが見えづらく選ぶのに苦労すると思います。この記事をお読みいただければ、すぐにあなたにぴったりの保管サービスを選ぶことができますよ。

長期保管ができるおすすめ宅配クリーニング6選

オススメの保管サービスを選ぶには、以下4つのポイントを考える必要があります。

・サービス料金

・クリーニングの品質

・洋服の保管環境

・保管可能な期間

これらを考慮した結果、長期保管ができるオススメの宅配クリーニング業者は、パターン別にこの様になる事が分かりました。

<画像入れる>

・安く保管をしたい方

5点未満:リナビス

5点-10点:プレミアムクローク(リネットの保管サービス)

11点以上:せんたく便

・品質にこだわりたい方:プレミアムクロークluxe(高級版)

・スーツを保管したい方:プラスキューブ

・最高品質を目指す方:ワードローブトリートメント

順番に解説していきます。

安く保管したい方は点数ごとにオススメ業者が異なる

保管を安くを行いたい!という方は、点数ごとに以下の業者が安くなりオススメです。

・5点未満→リナビス

・5点-10点→プレミアムクローク(リネット)

・15点以上→せんたく便

順番に紹介していきます。

5点未満の保管はリナビスがおすすめ

5点未満の洋服を長期間保管したい場合はリナビス1択です。

これは、リナビスには唯一「3点パック」という料金体系が存在するためです。

保管サービスが安い3社について、3点保管の料金は以下です。

<3点の保管料金>

リナビス:4920円

リネット:7800円 ※5点パックの料金が適用

せんたく便:7980円 ※5点パックの料金が適用

この様に、リナビスがダントツで安くなります。(4点の場合は6560円)

※宅配クリーニング業界には「単品見積もり」の会社もありますが、それらの会社は保管サービスを提供していません。なのでこの値段が最安価格です。

加えて、リナビスは

・毛玉取り

・ボタン修理

などを無料で行なってくれる、品質にも定評のある業界の大手サービスです。

<リナビスの基本情報>

集荷方法送られてきた集荷バックに服を入れて送付
料金体系パック料金
価格・3点パック:4920円・5点パック:7750円・10点パック:10700円(保管付き)
保管期間最大12ヶ月
返送日の変更可能(枠数によっては受付不可ケースあり)
保管環境元々、織物の保管倉庫として使われた場所を使用
送料無料
無料オプション・毛玉取り・再仕上げ・ボタン修理・シミ抜き

5点未満の洋服を安く保管したい場合は、リナビスの利用をオススメします。

<囲み>

リナビスを注文する場合は、事前予約がおすすめ

リナビスはクリーニング品質が高いオススメサービスなのですが、業者の規模が小さい関係で、受け取り日毎に上限があります。

それにより「希望している受け取り日が軒並み埋まってしまっている」リスクがあります。

そのため、リナビスでは発送前に注文を済ませておく「事前予約」がオススメです。

リナビスは商品の発送期限が「注文から1年後」なので、冬物をクリーニングに出す場合は秋に予約をしておき、その後春に発送を行う方法がオススメです。

(専用フォームの様なものはなく、普通に注文を行うだけで大丈夫です)

参考:https://rinavis.com/f/news/storage

5-10点の保管はプレミアムクローク(リネット)がおすすめ

5-10点の洋服の保管は、リネットの保管サービス「プレミアムクローク」がオススメです。

実はこのプレムアムクローク、「一番安い」という訳ではありません。料金比較をみてみましょう。

<5点保管の料金>

リナビス:7750円

リネット:7800円

せんたく便:7980円

<10点保管の料金>

リナビス:10700円

リネット:11800円

せんたく便:10980円

5点、10点それぞれの料金をみてみると、どの3社もほぼ同じ(リナビスが少し安い)です。其の中でプレミアムクロークをオススメする理由は

・クリーニング品質が高い

・保管環境が充実している

からです。

順番に解説していきます。

プレミアムクロークは豊富なクリーニングオプション付

プレミアムクロークは、デフォルトで豊富なクリーニングオプションが付いています。

以下、無料で付いているオプション一覧です。

・柔らか加工(水洗い製品について、柔軟剤を使った様な柔らかな仕上がりを実現)

・リファイン加工(ドライ製品の繊維に加工を施し、光沢、滑らかさなどの効果を実現)

・ワイシャツ抗菌消臭加工

・毛玉取り

・シミ抜き

・汗抜き

・ダブルチェック(クリーニングの仕上がりをダブルチェック→問題がある場合は再仕上げ)

通常だと、リネットで1着1900円分するオプションが付いたクリーニングを受ける事ができます。

プレミアムクロークは保管環境が充実している

プレミアムクロークの一番のメリットは「保管環境の充実さ」です。

プレミアムクロークでは、ファッションブランド水準の保管ルームで保管を行なってくれます。

洋服の管理では、特に「温度」「湿度」が重要になります。(温度や湿度が高すぎると、カビができる原因になってしまいます。)

プレミアムクロークでは、温度を20度、湿度を60度に保って保管を行なってくれるので、安心して保管を任せる事ができます。(この様に、保管環境を具体的に記載している業者は他にありません。)

出典:プレミアムクローク公式サイト

以上2点の理由で、5-10点の場合はプレミアムクロークの利用をオススメします。

<プレミアムクロークの基本情報>

出荷方法送られてきた集荷バックに服を入れて送付
料金体系パック料金
価格5点パック:7800円10点パック:11800円15点パック:17600円※追加1点ごとに1400円
保管期間最大8ヶ月
返送日の変更不可能
保管環境ファッションブランド水準(温度を20度、湿度を60度に保って保管)
送料無料
クリーニングオプション・柔らか加工・リファイン加工・ワイシャツ抗菌消臭加工・毛玉取り・シミ抜き・汗抜き・ダブルチェック

一番おすすめな保管サービスなので、ぜひ試してみてくださいね。

11点以上の場合は「せんたく便」がおすすめ

11点以上の製品を保管したい場合は、せんたく便がとてもお得です。

まずは15点、20点で預けた場合の料金をみてみましょう。

<15点の保管料金>

リナビス:17050円 ※10点パックに5点追加した料金

リネット:17600円

せんたく便:13980円

<20点の保管料金>

リナビス:19800円

リネット:24600円

せんたく便:16980円

この様に、他社と比べて3000円近く安く保管が可能です。(せんたく便には30点パックもあり、より多い点数も安く対応可能です)

11点-14点の場合も、他社と比べて1000円-2500円ほど安くなるので、少しでも安くしたい方はせんたく便がオススメです。

せんたく便は、もちろんクリーニングの質も十分です(シミ抜き、毛玉取り無料)。保管環境には「プラズマクラスター」を配置し、空中除菌を行なっています。

<せんたく便の基本情報>

出荷方法送られてきた集荷バックに服を入れて送付
料金体系パック料金
保管サービス価格10点パック:10980円15点パック:13980円20点パック:16980円※追加1点ごとに800円
保管期間最大11ヶ月
返送日の変更可能(電話での受付)
保管環境プラズマクラスター(空中除菌が可能)完備
送料無料
クリーニングオプション・シミ抜き・ボタン取り付け・毛玉取り

15点以上の保管を安く済ませたい人は、ぜひ利用してみてくださいね。

<囲み>

クリーニングなしで「保管だけ」したい場合はリナビスがおすすめ

基本的に、長期間保管の際はクリーニングも一緒に行うべきですが、単に「クローゼットに服が入りきらないから保管だけしてほしい」という方は、リナビスの「衣類保管コース」がオススメです。

このコースは、安価でクリーニングを行わず単に衣類を保管してくれるサービスです。

期間は12ヶ月・20着まで預ける事ができ、料金は4500円です。

服が多い方は、こちらも検討してみるのはいかがでしょうか。

品質にこだわりたい場合はプレミアムクロークluxeがおすすめ

品質にこだわりたい方は、プレミアムクロークの高級版である「プレミアムクロークluxe」がオススメです。

プレミアムクロークluxeは、プレミアムクロークに様々なオプションが付け加わり、通常だと1着あたり4800円するクリーニングを行なってくれるプランです。

プレミアムクロークのオプションに加えて

・全品手仕上げ(1着ずつ手作業で仕上げ)

・撥水/防汚加工

・花粉ガード/静電気防止加工

・防虫剤付き不織布包装(返却後、自宅で使える不織布・防虫剤を提供)

・お届け日変更可能(届け日の1週間前まで変更可能)

・安心保証(無料再仕上げ)

というオプションが付いています。

値段は下記の通りです。

5点:12800円

10点:20800円

15点:30800円

少し料金は上がりますが、高品質なクリーニング・保管を行いたい人はプレミアムクロークluxeがオススメです。

<プレミアムクロークluxeの基本情報>

出荷方法送られてきた集荷バックに服を入れて送付
料金体系パック料金
価格5点パック:12800円10点パック:20800円15点パック:30800円※追加1点ごとに2400円
保管期間最大8ヶ月
返送日の変更可能
保管環境ファッションブランド水準(温度を20度、湿度を60度に保って保管)
送料無料
クリーニングオプション・柔らか加工・リファイン加工・ワイシャツ抗菌消臭加工・毛玉取り・シミ抜き・汗抜き・ダブルチェック・全品手仕上げ(1着ずつ手作業で仕上げ)・撥水/防汚加工・花粉ガード/静電気防止加工・防虫剤付き不織布包装・お届け日変更可能・安心保証(無料再仕上げ)

スーツだけを保管しておきたい人はプラスキューブがおすすめ

「スーツだけをクリーニングして、保管しておきたい!」という方はプラスキューブという宅配クリーニング会社がオススメです。

プラスキューブは、元々紳士服アパレルのデザイナーを務めていた方が代表を務める、スーツ・ワイシャツのクリーニングを強みとする宅配クリーニング業者です。

「アパレルで得た知識をクリーニングに活かしたい」という思いで父の開業したクリーニング屋を継ぎ、スーツ、ワイシャツに特化した以下のような仕組みを導入しています。

特徴1:スーツ用の洗濯槽、ネットをオリジナル開発

クリーニング中に洋服が動いてしまうと、型崩れの原因になったり、ウール(毛)が縮んでしまいます。それに対応するため、プラスキューブでは洗濯槽、ネットをオリジナルで開発し、クリーニング中の洋服の動きを最小限にしています。

出典:プラスキューブ公式サイト

特徴2:仕上げにはアパレル縫製工場の専用機を使用

仕上げのプレスで利用する機械は、アパレル縫製工場の専用機です。

ドイツのホフマン社、ヨーロッパ最大のアパレル仕上げ機器メーカーファイト社などのプレス機を利用しているので、仕上がりも随一です。

出典:プラスキューブ公式サイト

特徴3:クリーニングした洋服は静止させて乾燥

スーツの型崩れを防ぐ為、乾燥の際はタンブラーでぐるぐる回さず、オン風の出る乾燥機に入れて、生地の風合いを保ちながら乾燥させます。

出典:プラスキューブ公式サイト

<プラスキューブの基本情報>

出荷方法送られてきた集荷バックに服を入れて送付
料金体系パック料金
価格<スーツ水洗い>・スーツ上下セット:7500円・ジャケット単品:4000円・スラックス単品:3500円※保管の場合は1着200円プラス
保管期間最大8ヶ月
返送日の変更可能(要お問い合わせ)
保管環境24時間除湿・換気ありの保管ルーム
送料無料
クリーニングオプション・シミ抜き・スーツに特化した各種クリーニング処理

スーツを保管しておきたいという方は、ぜひプラスキューブを試してみてください

皮革製品、最高にこだわりたい1点ものはワードローブトリートメントがおすすめ

おすすめな保管サービス業者をお伝えしましたが、実は上記の会社はいずれも以下の洋服をクリーニングする事ができません。

・皮革、合皮製品(革ジャン、レザージャケットなど)

・毛皮製品(コートなど。一部でも毛皮が使われているもの)

・ファー(ファーを取り外せば、クリーニング可能)

・着物、浴衣

・装飾品付の服

この様な服を出されたい方、または「高くても良いから最高品質にこだわりたい」方はワードローブトリートメントがオススメです。

ワードローブトリートメントは、宅配クリーニング業界の中で「最高級・最高品質」のサービスで、基本的に「どんな服、どんな汚れでも」落とす事ができます。

クリーニング方式は、こだわりの「完全個別洗い」です。つまり、お客さんの服を1点1点ずつ、それぞれの服に適した洗い方法、時間でクリーニングを行います。

また、シミ抜きのクオリティもピカイチです。他宅配クリーニング業者が軒並み「できない」とサイトで言っている、もっとも難しいジャンルのペンキ・ニスなどのシミも綺麗に落とす事ができます。

引用:ワードローブトリートメント公式サイト

この様に、最高のし上がりを実現できるのが、ワードローブトリートメントの強みです。

もちろん保管環境にもこだわっており、カビの発生を防ぐために、一切の外光を遮断し、衣類にとって最適な温度20℃~25℃・湿度30%~50%のクリーンルームで保管しています。

<ワードローブトリートメントの基本情報>

出荷方法自分で箱を準備し、服を入れて送付
料金体系単品料金
価格ワンピース:6930円スーツ上着:5390円スーツ下着:5390円ダウンジャケット:9130円※保管料金は1点440円、革・ドレスなどの特殊品は2200円
保管期間最大7ヶ月
返送日の変更可能(要お問い合わせ)
保管環境外光遮断、衣類にとって最適な温度20℃~25℃・湿度30%~50%のクリーンルーム
送料無料
クリーニングオプション・シミ抜き処理・最高の仕上がりを実現するクリーニング処理

値段は高いですが、どんなものでも最高品質なクリーニング・保管を実現してくれる最高の宅配クリーニングです。

興味のある方は、ぜひ利用してみてくださいね。

他宅配クリーニングの保管サービスをオススメしない理由

もちろんですが、保管サービス自体は上で紹介した宅配クリーニング業者以外でも提供はされています。

ここでは、そのほかの会社4社の保管サービスをオススメしない理由をお伝えしていきます。

ネクシーの保管サービスは独自の強みがない

ネクシーは「wash closet」という保管サービスを提供していますが、このサービスは他社と比較した際に独自の強みがありません。

まず値段は他社と比べた時に、並です。

<10点保管クリーニングの料金>

リナビス:10700円

リネット:11800円

せんたく便:10980円

ネクシー:11500円

かつ、クリーニング品質・保管環境が他社と比べて優れているとは言えません。

逆にデメリットとして、受け取り日が「○月の上旬・下旬」という選び方しかできず、返却日も途中で変えられなかったりと、融通の効かない面があります。

独自の強みがなく、融通が効かないサービスのため、わざわざ選ぶ理由はないと言えるでしょう。

クリラボの保管サービスは期間が短くなってしまう事がある

クリラボというサービスも、有名な保管サービスを提供しているサービスの1つです。

クリラボは無料で最大9ヶ月の保管が可能ではあるのですが、時期によってこの保管期間がかなり短くなってしまうというデメリットがあります。

引用:クリラボ公式サイト

この様に、1月に預ければ9月まで預かってもらう事が可能ですが、実際はそれよりも期間が短くなってしまいます。

これでは冬服が10月頭と少し早い受け取りになってしまいますし、冬服以外の服を預ける事はできません。

またそもそもクリラボは、コストメリットがある訳でも、クリーニングの質が優れているという訳でもありません。

そのため、クリラボの保管サービスもわざわざ注文する理由はないでしょう。

カジタクの保管サービスはクリーニングの質が良くない

イオンのカジタクという宅配クリーニングも保管サービスを提供していますが、これはクリーニングの質があまり良くないのでオススメしません。

カジタクのクリーニング内容をみていると、リネット・リナビスにある様なオプションが全く付いていません。

出展:カジタク公式サイト

・シミ抜き→基本やらない(行う場合も無料の範囲)

・簡易補修(ほつれ、ボタンの緩み)→なし

・手仕上げ→なし

かつ、費用がその分安いという訳でもありません。

<10点保管クリーニングの料金>

リナビス:10700円

リネット:11800円

せんたく便:10980円

カジタク:12000円

そのため、カジタクの保管サービスの利用もオススメしません。

宅配クリーニングの保管サービス利用時の注意点

最後に、実際に宅配クリーニングの保管サービスを利用する上での注意点をお伝えします。

一部だけの洋服返送はできない

最初の注意点は「預けた洋服のうち、一部だけ返送する」という事はできないという事です。どの業者でも、保管した洋服は一括返却になってしまいます。

そのため、もし一部だけ早く受け取りたいというケースがあれば「サービスを分けて申し込む」のがオススメです。

利用できない洋服がある

上でもお伝えしましたが、ほとんどの宅配クリーニング店では下記の洋服を利用する事ができません。

・皮革、合皮製品(革ジャン、レザージャケットなど)

・毛皮製品(コートなど。一部でも毛皮が使われているもの)

・ファー(ファーを取り外せば、クリーニング可能)

・着物、浴衣

・装飾品付の服

もし各業者で利用不可能な服を送ってしまうと、追加返送料金として1000円程度かかってしまったり、最悪返送が保管済の服と同タイミングになってしまう事があります。

そのため、まずは申し込む業者の「取り扱い除外品」の欄を見て、自分が出そうとしている服が対応しているかを調べておきましょう。

<各クリーニング業者の取り扱い除外品紹介ページ>

プレミアムクローク(リネット):https://www.lenet-hokan.jp/notes

せんたく便:https://www.sentakubin.co.jp/guide/

リナビス:https://rinavis.com/c/course/cleaning3

プラスキューブ:https://plus-cube.com/guide/excluded-item.php

ワードローブトリートメント:なし

もし「取り扱い除外品」に当てはまってしまっていたら、その服は上で紹介した「ワードローブトリートメント」に出すのがオススメです。

受け取りが遅くなると追加料金がかかる

保管サービスは、保管期間が長くなりがちなので、帰ってくる日付を忘れてしまいがちです。

もちろん家にいなければ不在通知が届くのですが、不在通知が届いてから1週間程度受け取っていないと「荷戻り」となって、再びクリーニング業者の元に戻ってしまいます。

この際は、追加の再配達費用が2000円程度かかってしまいます。

そのため、念には念を入れ、帰ってくる日付をしっかりカレンダーに登録しておくのをオススメします。

まとめ

では、最後にこの記事の重要ポイントをまとめて終わりにします。

■おすすめの宅配クリーニング保管サービス

・安く出したい方→点数によって以下の3社をチョイス

1-4点:リナビス

5-10点:プレミアムクローク

11点-:せんたく便

・品質にこだわりたい方:プレミアムクロークluxe

・スーツを保管したい方:プラスキューブ

・皮革製品など、他で出せない服を保管したい方:ワードローブトリートメント

■宅配クリーニングの保管サービス利用時の注意点

・一部だけの洋服返送はできない

・利用できない洋服がある

・受け取りが遅くなると追加料金がかかる

この記事をお読みいただいたあなたが、自分にぴったりの保管クリーニングを見つけられている事を心から願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました