布団クリーニングの期間(日数)は?羽毛布団・こたつ布団・毛布の違いも

未分類

「布団をクリーニングに出したいけど、どのくらいの期間や日数がかかるのかな?」

「出すならなるべく早く受け取れると良いなあ。。」

とお考えでしょうか?

布団クリーニングにかかる期間(日数)の相場は、2〜4週間です。

ただ、本当にお急ぎの人は別の手法を使うと1週間程度で受け取れるケースもあります。

そこでこの記事ではまず、

  • 布団クリーニングにかかる期間(日数)の相場
  • 相場より早く受け取る方法

をお伝えします。

加えて、あなたがより納期の短い業者を選べる様になるために、

  • 布団クリーニングの期間(日数)に影響を及ぼす3つの要素

についても、解説します。

お読みいただければ、仕上がり・価格ともにベストな方法で、なるべく早く布団クリーニングを受け取るための知識を得ることができますよ。

布団クリーニングの期間(日数)相場は2~4週間

まず、多くの布団クリーニングの期間(日数)の相場は2〜4週間です。

こちらは、主要な布団クリーニング(店舗・宅配)店の納期一覧です。

ふとんリネットしももとクリーニングホワイト急便ポニークリーニング 白洋舎
公式サイトリンク
納期(注文から返送までの期間)2-3週間1週間-3週間3-4週間3-4週間3-4週間
届け日の指定OKOK(午前・午後のみ)NGOKOK
宅配/店舗宅配宅配宅配/店舗宅配/店舗宅配/店舗
料金(1枚)※掛け布団シングルサイズ8800円8800円3800円(店舗)
※料金は各店舗異なる。
3000円(店舗)6000円(店舗)
料金(2枚)11800円11800円7600円(店舗)6000円(店舗)
10800円(宅配)
12000円(店舗)
12500円(宅配)
料金(3枚)12800円13800円11400円(店舗)
13000円(宅配)
9000円(店舗)
15800円(宅配)
18000円(店舗)
19500円(宅配)
送料無料無料無料無料無料

この様に、納期の相場は2〜4週間となっています。

店舗持ち込み・宅配で納期はほとんど変わらない

店舗・宅配両方のサービスを提供しているお店では、このどちらを利用しても納期は2,3日ほどしか変わりません。(宅配の方が2,3日長くなる)

これは、どちらのケースであっても最終的に工場に運ばれてクリーニングが行われるからです。

宅配の場合は、最初に集荷キットが送られてくるのでその郵送期間(2,3日)だけ納期が長くなります。

宅配クリーニング専門店の方が納期が短いのでおすすめ

すぐ上でお伝えした集荷キットの件があるのにも関わらず、リネット・しももとクリーニングなどの「宅配クリーニング専門店」の方が大手チェーンより納期が短い傾向にあります。

これはおそらく、以下2つの理由によるものだと思います。

  • 宅配クリーニング店は全国の工場と連携しているので、配送期間が短い
  • サービスレベル向上のために、納期を短くする工夫を施している

その為、なるべく早く受け取りたい場合は「宅配専門」の業者がお勧めです。

より短い期間(日数)で布団クリーニングを行う方法

通常は2~4週間とお伝えしましたが、どうしてもお急ぎの人は、別の方法を使えばより短い期間で布団クリーニングを行えるケースが有ります。

そのケースは、以下の通りです。

手法コインランドリーで洗う一部の早い宅配クリーニングを利用
(ベルメゾン・リフレサービス)
地元の納期が早いクリーニング店を探す
期間目安当日2週間1~2週間
デメリット洗えない布団や失敗リスクあり
(別記事で解説)
実績自体は大手には劣る見つからないケースあり。

それぞれの手法のメリットデメリットや、詳細についてはこちらの別記事で詳しく解説しています。

とはいっても、それぞれの手法には大なり小なりデメリットがあります。

その為結論としては、以下の方針でお願いする業者を決めるのが良いです。

  • さほど急ぎではない→1章でお伝えした大手5業者から選ぶ
  • どうしても急ぎたい→この章でお伝えした3手法を検討する

布団クリーニングの期間(日数)に影響を与える3つの要素

ここまでは、業者が公表している布団クリーニングの期間(日数)についてお伝えしました。

ただこの納期は、あくまで「目安」であり、実際は時期や洗うものによって変わるケースが有ります。

そのため次に、布団クリーニングの期間(日数)に影響を及ぼす以下3つの要素について、お伝えします。

  • 要素1:繁忙期かどうか
  • 要素2:出す布団の種類
  • 要素3:工場が併設されているか

要素1:繁忙期かどうか

当たり前ではあるのですが、多くの人が布団クリーニング店をお願いする「繁忙期」では、キャパシティの関係で、納期が長くなるケースが多いです。

繁忙期は6月〜10月なのですが、通常期間よりも納期が3日程度〜最大1週間延びる事が有ります。

要素2:出す布団の種類(羽毛布団・毛布・こたつ布団など)

実は、出す布団の種類によって納期が変わる事もあります。

納期が短い・長い布団の種類はそれぞれ以下です。

  • 羽毛布団、毛布、ポリエステル(こたつ布団など)布団のクリーニング日数→短い
  • それ以外の種類の布団のクリーニング日数→長い

実際、宅配布団クリーニング業者の「しももとクリーニング」では種類によって以下のように期間(日数)が変わります。

要素3:工場が併設されているか

「クリーニング工場が併設されている(もしくはクリーニング工場に直接持ち込むケース」は、納期が通常より短くなります。

これは、ほとんどの布団クリーニングでは「布団を工場に運んでクリーニングする」ので、その搬送時間がかかってしまうからです。

直接工場に出せるお店を利用することで、納期が3日〜5日程度短くなります。

近くのクリーニング店舗で早いお店を探したいケースではこの指標は参考になると思います。

布団クリーニング期間中の流れ

では最後に、布団クリーニングを出してから受け取るまでの期間の流れを、簡単にお伝えします。

STEP1:申し込み

宅配クリーニングの場合は、ネットで申し込みを行い、店舗クリーニングの場合は店まで布団を持っていき、申し込みを行います。

STEP2:集荷バッグの送付(2-4日) ※宅配限定

宅配クリーニングでは、申し込み後に2-4日ほどかけて集荷バッグが送られてきます。

集荷バッグはサイズが小さい為、不在であっても郵便に入れてくれます。その為、その時間に必ずしも家にいる必要はありません。

STEP3:工場に搬送(2-4日)

宅配クリーニングの場合は集荷バッグに梱包を行って自分で集荷予約を行います。
集荷の際は、自分が家にいる必要があるので注意しましょう。

店舗では店舗からそのまま、工場に搬送されます

STEP4:クリーニング(1日〜10日程度)

その後工場でクリーニングが行われます。この期間は種類・繁閑差によって日数のばらつきがあります。

STEP5:返送(2-4日)

クリーニング後、布団が返送されます。布団は不在時だと再配達となってしまいます。

配達会社ごとに荷物の保管期間があるので、なるべく早く受け取るようにしましょう。

まとめ

では最後に、この記事のまとめをお伝えします。

  • 大手布団クリーニングの期間(日数)目安は2-4週間
  • より早く受け取る方法もあるが、デメリットもあるので、通常は大手が無難
  • 布団の種類や時期によっても期間は変わりうる

この記事をここまで読んでくれたあなたが、ベストな方法で布団クリーニングを行えることを心から願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました