ドライクリーニングの価格(料金)相場!スーツからカーテンまで解説

未分類

「ドライクリーニングが必要になったんだけど、お店に出したらどのくらいの値段がするんだろう?」

「なるべく安くドライクリーニングを出したいけど、品質が悪くなってもいやだなあ。」

とお考えでしょうか?

この記事では、コートやスカート、スーツなどの洋服からカーテン・カーペットなどのインテリアに至るまで、ドライクリーニングの値段(料金)相場を解説しています。

ですが、どのようなお店を選ぶべきかはドライクリーニング料金だけではわかりません。

記事で詳しく紹介しますが、大きなこだわりのない人は「安さを売りにした小規模店舗」さえ避ければ、満足するクリーニングが行えます。

この記事では

  • ドライクリーニングの値段(料金)相場一覧表
  • ドライクリーニングの料金がどの程度の店舗を選ぶべきか
  • ドライクリーニング料金が変動する2つの要因

をお伝えします。

お読みいただければ、今あなたがださなけれないけない洗濯物のドライクリーニングにかかる料金がわかり、さらにどのようなお店に出すべきかも判断することができますよ。

ドライクリーニングの値段(料金)相場一覧

では早速、ドライクリーニングの料金相場を、商品別に紹介します。

下限料金は、安価クリーニングチェーン店のホワイト急便を、上限料金は高価チェーン店の白洋舎の標準コース(さらに上のコースもありますが頼むケースは少ないので標準コースとしました)を主に参考しているので、かなり現実に近い料金です。

<ドライクリーニングの料金相場>

※は「宅配クリーニング料金相場」

クリーニング品料金相場
スーツ上500円〜1200円 ※1000円
スーツ下350円〜700円 ※600円
ブラウス350円〜600円 ※550円
セーター350円〜600円 ※600円
レーヨンシャツ300円〜400円
コート1000円〜1900円 ※1900円
ダウンジャケット1900円〜2300円 ※2300円
スカート350円〜600円 ※650円
ワンピース800円〜1000円
カーテン600円/m2
カーペット・ラグ800円/m2
羽毛布団6000円〜8000円/枚
ソファカバー5000円〜(二人がけのカバー全面)

※で宅配クリーニング料金を入れましたが、だいたい高価格帯店舗クリーニングの通常コース料金=宅配クリーニングの料金となります。

さほど料金の違いがなく、店舗に洋服を持って行ったり受け取りをする手間を省くことができるので(もちろんクリーニング店が運営しているので品質も十分です)、クリーニングが面倒な方は試してみることをお勧めします。

興味のある方は、こちらの記事に「おすすめの宅配クリーニング店」を記載しているので、見てみてくださいね。

【ランキングは意味なし】おすすめの人気宅配クリーニング比較7選

ドライクリーニングは「料金の安さだけが売りの小規模店舗」以外に出せば大丈夫

さて、先ほどはドライクリーニングの料金をお伝えしました。

ただ一番大事なのは「どの程度の料金のところに今のクリーニング品を出すべきか」では無いでしょうか?

この結論としては「大きなこだわりが無い場合は、料金の安さだけを売りとした小規模店舗にさえださなければ大丈夫」というものになります。

料金が安い=品質が低いかと言われると必ずしもそうではなく、例えば大手チェーン店はうまくコストカットを行うことで「料金の安さと品質の両立」を行なっています。

かつクリーニング業者は「裏側」がわからないケースが多く、料金が高い=必ず品質が良いという訳でもありません。

そのため、料金が安く品質との両立が行えない小規模店舗にさえださなければ、ほとんどの人は安心してクリーニングを出すことができるでしょう。

ドライクリーニングの料金(価格)に影響を与える2つの要素

最後に、念の為「ドライクリーニングの価格は何によって決まるのか」を2つお伝えします。

料金を決める要素1:溶剤の管理状態

ドライクリーニングの溶剤は、水質汚濁防止法という法律により、下水管からの排水が行えません。

そのため、ドライクリーニングで使う溶剤は一回で回収されず、リサイクルが行われます。

このリサイクル方法や頻度がドラクリーニングの料金にダイレクトに影響を与えます。

ちなみに溶剤のリサイクルについては、7-8割の業者は下記の「フィルター」と「吸着剤」を使った方法で行なっています。

dry_filter.gif

出典:東京都クリーニング生活衛生同業組合


どの程度頻繁にリサイクルを行なっているかは溶剤の色を見ればわかるのですが、残念ながら利用者にはその溶剤自体をみる機会がありません。

そのため「安さだけを売りにした小規模クリーニング店」だけを避けておくのが無難と言えるのです。

料金を決める要素2:クリーニング手順

ドライクリーニングの料金を決めるもう一つの要素は「クリーニング手順」です。

当たり前ですが、クリーニングには溶剤を利用した洗濯だけでなく、シミ抜きや仕上げも含まれます。

これらの細かい手順によっても、料金は変動します。

まとめ

さて、では最後にこの記事のポイントをお伝えして終わりにします。

<ドライクリーニングの料金相場>

※は「宅配クリーニング料金相場」

クリーニング品料金相場
スーツ上500円〜1200円 ※1000円
スーツ下350円〜700円 ※600円
ブラウス350円〜600円 ※550円
セーター350円〜600円 ※600円
レーヨンシャツ300円〜400円
コート1000円〜1900円 ※1900円
ダウンジャケット1900円〜2300円 ※2300円
スカート350円〜600円 ※650円
ワンピース800円〜1000円
カーテン600円/m2
カーペット・ラグ800円/m2
羽毛布団6000円〜8000円/枚
ソファカバー5000円〜(二人がけのカバー全面)

・ドライクリーニングは「料金の安さだけが売りの小規模店舗」以外に出しておけば失敗はない

あなたがベストなクリーニング店を見つけて気持ち良い毎日が送れるようになることを、心から願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました