おすすめの宅配クリーニング店まとめを見てみる➡︎

スーツの宅配クリーニングおすすめ4選!サービスと料金を徹底比較

スーツの宅配クリーニングはリネット、プラスキューブ 、クリコム がおすすめ

「仕事も忙しいし、スーツを店舗までクリーニングに出しに行くのが面倒だなあ。宅配クリーニングって実際どうなんだろう?」

「スーツにおすすめの宅配クリーニング業者があれば知りたい。。品質にもある程度こだわりたいから、ちゃんとした所が良いなあ。」

とお考えでしょうか?

宅配クリーニングは、ほぼ全ての業者がもともと店舗クリーニングを展開しているので、品質は十分高いです。

むしろ業者の選択肢が多い事により、この記事で紹介するような「スーツに特化した宅配クリーニング店を選べる」というメリットもあります。

ですが、宅配クリーニングは少し特殊なので、スーツを出す上でのコツ・注意点を抑えないと痛い目にあうリスクがあるのも事実です。

そこでこの記事では

  • スーツに強いおすすめ宅配クリーニング業者3選
  • スーツを宅配クリーニングに出す上での注意点
  • スーツの宅配クリーニング後にすぐ行うべき事

をお伝えします。

お読みいただければ、あなたの大事なスーツを、安心して手間なくベストな宅配クリーニング業者に出せる様になりますよ。

<徹底比較>スーツに強いおすすめ宅配クリーニング業者4選

では最初に、徹底比較した結果わかった、スーツを出すのにオススメな宅配クリーニング業者を4社お伝えします。

パターン別におすすめな宅配クリーニング業者は、以下の通りです。

  • ・安く早くスーツの宅配クリーニングをお願いしたい→リネット
  • ・スーツの宅配クリーニングから長期保管までお願いしたい→リナビス
  • ・高級スーツやオーダースーツを宅配クリーニングしたい→プラスキューブ
  • ・スーツに気になるシミがある→クリコム 

この4社について、1社ずつオススメな理由と詳細を紹介していきます。

安く早くスーツの宅配クリーニングをしたい人におすすめ:リネット

自分のスーツを、安く早く、実績のある安心な業者に依頼したい人は「リネット」がオススメです。

リネットは、会員30万人以上を誇る、宅配クリーニング業界NO.1の業者です。

  • スーツ上下1600円という安価な価格でクリーニング可能
  • 最短納期は出してから2日で受け取り可能
  • 実績NO.1なので、クリーニング品質も安心

というメリットがあります。

<リネットのスーツクリーニング価格>

スーツ(上)/ジャケット950円
スーツ(下)/パンツ660円
スーツ(下)/スカート660円

このスーツクリーニング料金は、有名他社と比べると最安値レベルです。

スーツの宅配クリーニング料金はリネットがダントツで安い

リネットのスーツクリーニングは以下3つのオプションが利用可能です。

オプション名ディープクレンジング仕上げ贅沢手仕上げ折り目長持ち仕上げ
概要汗汚れがより落ちる。素材本来のツヤ・ハリを向上水に弱いパンツの折り目を取りにくく
料金+900円+700円+400円
対象商品(スーツ系)全商品全商品スーツ(下)/パンツのみ
有用性全員におすすめ品質にこだわりたい人はおすすめ梅雨シーズンならおすすめ

1つずつ簡単に説明します。

1.ディープクレンジング仕上げ:全員におすすめ

スーツクリーニングは、通常水を使わず溶剤で洗うため、溶けにくい汗汚れが取れづらいというデメリットがあります。

ディープクレンジング仕上げは、使う溶剤の水分濃度をあげる事により、汗の水に溶けるという性質を利用し、汗汚れを落とす事ができるようになるおすすめのオプションです。

汗汚れは見た目ではわかりにくいですが、臭いやシミの原因になるのでこのオプションは確実にオススメです。

2.贅沢手仕上げ:品質によりこだわりたい人はおすすめ

贅沢手仕上げは、職人が1着ずつ丁寧に最終の手仕上げを行うオプションです。

スーツの落ち目部分に専用の薬剤を塗ってプレスしてくれ、素材本来のツヤ・ハリを実現できます。

ただ、もちろんこのオプションを利用しなくても通常のクリーニング通り綺麗に仕上がります。そのため、より品質にこだわりたい人にはおすすめのオプションと言えます。

3.折り目長持ち仕上げ:梅雨の時期におすすめ

スーツパンツはセンターラインの折り目が整っているとスタイリッシュに見えますが、雨に濡れるとその折り目が消えやすくなります。

折り目長持ち仕上げは、薬剤で形状記憶仕上げをする事で、折り目を長持ちさせる事ができます。雨が多くなる梅雨の時期におすすめのオプションと言えます。

納期も通常だと最短5日、月額390円のプレミアム会員に登録すると最短2日と、宅配クリーニングの中では最短レベルの速さを実現できます。

安く早く、実績のある会社にスーツクリーニングをお願いしたい場合は、リネットがおすすめですよ。

<リネットの基本情報>

スーツクリーニング料金スーツ(上)/ジャケット:950円
スーツ(下)/パンツ:660円
スーツ(下)/スカート:660円
スーツクリーニングのオプション・ディープクレンジング仕上げ:900円
→スーツ全点に利用可能。溶剤の水分濃度をあげる事で汗汚れが落ちやすくなる。全員にオススメ。
・贅沢手仕上げ:700円
→職人が1点1点最終仕上げを行うオプション。より品質にこだわりたい人におすすめ。
・折り目長持ち仕上げ:400円
→水に弱いパンツの折り目を取りにくくするオプション。梅雨の時期におすすめ
送料・プレミアム会員→3000円以上は無料、3000円未満は1800円
・通常会員→10000円以上は無料、8000円-10000円は900円、8000円未満は2600円
納期・プレミアム会員:最短2日・通常会員:最短7日
集荷方法自身で用意した袋(ダンボール、ビニール袋など)に服を入れて集荷
※プレミアム会員の場合は、無料でダンボール提供
※プレミアム会員の場合は、2回目以降宅配ボックス、コンビニ集荷が可能
こんな人におすすめ安く早く、実績豊富な業者でクリーニングしたい方

スーツを宅配クリーニング・長期保管したい人におすすめ:リナビス

スーツを宅配クリーニングに出し、そのまま長期保管したい場合はリナビスの「ビジネスコース」がお勧めです。

<リナビスのビジネスコースの概要>

料金4770円
クリーニング可能な点数スーツジャケット3点、スラックス3点の計6点まで利用可能。
特徴・汗抜き加工を標準装備・無料で最大12ヶ月保管

リナビスは「おせっかいのクリーニング」でお馴染みの、豊富な無料オプションと無料の最大12ヶ月長期保管が特徴の宅配クリーニングサービスです。

そもそもリナビスって何?良いの?と言う方は、こちらの詳細記事を読んでみてください。

リナビスの口コミ評判!宅配クリーニングが最悪?苦情の本当をまとめ


リナビスのビジネスコースについて、注意点をいくつかお伝えします。

リナビスの注意点1:汗抜き加工は「水洗い」とは違う

リナビスのビジネスコースの特徴の1つとして「汗抜き加工が標準でついてくる」と言うものがあります。

この汗抜き加工は、特殊な洗剤を使って漬ける事により汗汚れを落としやすくなると言うメリットがあるのですが「水洗いと比べると、その品質が劣る」ので注意です。

と言うのも「水洗い」とこの「汗抜き加工」では汗抜きの品質が大きく変わるからです。

もちろんリナビスに出すと通常のクリーニング店よりはきれいになりますが、最大限品質にこだわりたいと言う方は、水洗いの強いプラスキューブにお願いする事をお勧めします。

リナビスの注意点2:スーツベスト(スリーピース)は別料金

もう一つの注意点は、リナビスのこのコースで洗えるのはジャケットとスラックスのみで「スーツベストは対象外」である事です。

そのため、スーツベストを出したい方はこの記事で紹介するその他の会社にお願いする事をお勧めします。

高級スーツを宅配クリーニングしたい人におすすめ:プラスキューブ

「高級スーツやオーダーメイドスーツを宅配クリーニングに出したい!」という方は、スーツ、ワイシャツのクリーニングに特化したプラスキューブがオススメです。

プラスキューブの代表は、元々紳士服のアパレル会社で勤務していました。「アパレルでの経験をクリーニングにも活かしたい」と思い、親の運営するクリーニング会社を継ぎ、プラスキューブというサービスを開始しました。

プラスキューブが特にスーツのクリーニングにお勧めな理由は「業界でほとんどないスーツの完全水洗い」を実現できるからです。簡単にその内容を紹介します。

プラスキューブのスーツ水洗いの内容

プラスキューブでは、以下のスーツ専用の「スーツ 水洗い」コースを提供しています。

  • スーツ上下:7500円
  • ジャケット単品:4000円
  • スラックス単品:3500円
  • ベスト単品:3500円
  • スリーピース:11000円

他社よりも料金がかなり高いのですが、それにはメリットがあります。

このスーツ水洗いの一番のメリットは「スーツを完全水洗いできるので汗汚れが劇的に落ちる」と言う事です。

水洗いには2つの種類がある

実は水洗いには、以下の2種類があります。

  • 汗抜き(汗汚れを落とす溶剤を追加してドライクリーニングを行う)
  • ウェットクリーニング(ドライでしか洗えない服を特殊技術により水洗いする)

上で説明したリネット、リナビスのオプションは汗抜きに、プラスキューブのオプションはウェットクリーニングに該当します。

そして、このウェットクリーニングは汗抜きと比べると遥かに汗汚れが落ちやすいです。(ウェットクリーニングを10とすると、汗抜きは2程度しか効果がないという業者の方もいらっしゃいます。)

参考:https://www.nasucleaning.com/

これは結局、汗などの汚れは「水溶性(水に溶け、油に溶けない)」の汚れだからです。

汗抜きは、水分含有量は多いものの結局溶剤を使っているので、一定割合の汚れが溶けないと言う事です。

そしてこのウェットクリーニングが実現できる業者は滅多にいません。これがプラスキューブをお勧めする一番の理由です。

プラスキューブのその他のこだわり

その他、プラスキューブにはたくさんの独自のこだわりがあります。

  • こだわり1:オリジナルの機材を使い、スーツを動かさずにクリーニングすることでこだわりの発生を防ぐ
  • こだわり2:乾燥時はタンブラーを使わず固定させることで繊維の痛みを防ぐ
  • こだわり3:アパレル繊維工場の専用仕上げ機で10箇所以上別々の仕上げ処理

プラスキューブのこだわりの詳細は、こちらの記事で説明しているので是非併せてみてみてください。

<プラスキューブの基本情報>

スーツクリーニング料金・スラックス単品:3500円
・ジャケット単品:4000円
・スーツ上下セット:7500円※無料シミ抜きつき
スーツクリーニングのオプション保管(最大8ヶ月間):220円/点
送料無料
納期発送から約7日
集荷方法注文後送られてくる集荷キットに、服を入れて出荷
こんな人におすすめより品質にこだわったスーツクリーニングをしたい人

スーツに気になるシミがある人はクリコムがおすすめ

クリーニングに出すスーツに、気になるシミがある方は「クリコム 」がオススメです。


クリコムは、宅配クリーニング業界の中でとても高いレベルのシミ抜き技術を持っています。

そもそも、多くのクリーニング業者ではシミを十分に落とす事は難しいです。

業界NO.1のリネットが公式サイトで紹介している、シミ抜きが可能な基準を図にしました。

リネットが対応可能なシミの範囲

参考:https://www.lenet.jp/flow/stain

この画像を見ると、リネットだと

  • 墨汁、ペンキなどの難しいシミ→ついた瞬間から取れない
  • その他溶性のシミ→1週間で取れないものが出てきて、1ヶ月経つとほぼ全て取れない

という事がわかります。

そして実は、多くの宅配クリーニング業者のシミ抜きレベルはこのリネットと同程度です。

そのため、気になるシミがあるときは、特別シミ抜きに強い業者に依頼する必要があるのです。

クリコムは「特殊シミ抜き」という高品質なシミ抜きオプションを用意しており、実際公式サイトで多くのシミ抜き事例を紹介しています。

このように、ジャケットの汗染みをキレイさっぱり落とす事ができます。

クリコム のジャケットシミ抜き事例
出典:クリコム 「シミ抜き事例集」


また、難易度が高くリネットが公式サイトで「取れない」と言い切っている黒カビも、クリコムで落とす事が可能です。

クリコム の黒カビ抜き事例
出典:クリコム 「シミ抜き事例集」


このように、業界の中でも随一のシミ抜き技術を持っているのが、クリコムの特徴です。

また、クリコムのスーツクリーニングは上下1500円と、リネットと同程度の値段で受ける事ができます。

シミ抜きオプションは以下の4種類から選ぶ事が可能です。

  • ポイントコース:1箇所につき2cm*2cm以内のシミに対応可能。700円/箇所
  • エリアコース:袖、襟などより広い範囲のシミに対応可能。3500円/箇所
  • オールコース:至るところにあるシミに対応可能。7000円/点
  • アートコース:素材自体の色落ち(2cm*2cn以内のシミ)に対応可能。2000円/箇所

注文する場合は通常のクリーニング料金+シミ抜きオプション料金となります。

スーツに目に見えて気になるシミがある場合は、クリコムの利用をぜひオススメします。

<クリコムの基本情報>

スーツクリーニング料金スーツ上下:1500円※無料シミ抜きつき
スーツクリーニングのオプション・特殊シミ抜き(1箇所2000円〜最大7000円)
→職人による高品質シミ抜き
・DXクリーニング(スーツ3000円、パンツ1200円)
→アパレルの洋服生地加工の際に使う高級ツヤ出し溶剤などを使い、新品同様のハリ・ツヤを蘇らせるオプション
送料4000円以上の場合→無料
4000円未満の場合→往復1000円
納期最短5日
集荷方法注文後送られてくる集荷キットに、服を入れて出荷
こんな人におすすめスーツに気になるシミがある人

スーツを宅配クリーニングに出す際の3つの注意点

ここまでは、スーツに強いおすすめ業者をお伝えしてきました。

次に、実際スーツを宅配クリーニングに出すにあたって知っておくべき注意点を3つ紹介します。

スーツは必ず上下セットでクリーニングに出す

スーツをクリーニングに出す際は「上下一緒に」出す事を強くオススメします。

なぜなら、クリーニングでは洗浄・乾燥の工程を経てスーツの風合いが変化する事がよくあるからです。

それによって、スーツを上下一緒に着た際違和感を感じてしまい、最悪のケースでは見た目にまで違和感が出てしまうケースがあります。

なので、スーツは可能な限り上下セットでクリーニングに出す様にしましょう。

ポケットの中身は全て出しておく

これは当たり前ではありますが、クリーニングに出すスーツのポケットなどの中身は全て出しておくのを忘れない様にしましょう。

宅配クリーニングの多くは、大量の洋服を一緒に洗浄・仕上げを行います。そのため、もし仮にポケット内などに物を入れっぱなしにしていても、業者側が見逃してしまうケースがあるのは否めません。

出す前に、あらかじめポケットの中身はちゃんと確認しておきましょう。

タキシードはスーツ扱いにならないので注意

結婚式などで着ていくタキシードは、形がスーツと似ていますが、宅配クリーニングにおいてはスーツではなく礼服扱いになると言う事に注意しましょう。

タキシードの場合は、

  • リネット:2630円
  • プラスキューブ:通常の点数パック

の利用となります。(リナビスはタキシードに対応していません。)

スーツが宅配クリーニングから帰ってきたらまずやるべき事

では最後に、スーツをダメにしないために、注文したスーツが宅配クリーニングから帰ってきた後にまず行うべき事をお伝えします。

すぐに包装を取って仕上がりを確認する

スーツが宅配クリーニングから帰ってきたら、すぐに包装を取り、クリーニングの仕上がりを確認しましょう。その理由は以下です。

・包装をすぐに取るべき理由→宅配クリーニング返却時のビニール包装は、汚れを防ぐための物であり、そのままにすると中の湿度・温度が上がりカビ発生の原因になるから。

※一部業者では不織布という通気性の良いカバーで返送されます。その場合は包んで収納して大丈夫です。

・仕上がりを確認すべき理由→宅配クリーニングの保証サービスには申請期間が定められているから(例えば、リネットの再仕上げは返送から30日以内の申し出が条件です)

参考:https://www.lenet.jp/safety/

面倒かもしれませんが、返送時はダンボールに入れたままにせず、すぐに中身を確認する様にしましょう。

スーツ用のハンガーに付け替える

宅配クリーニング業者の多くは、スーツの返送時であっても、ワイシャツを吊るす様な細いハンガーに掛けて返却されるケースが多いです。

そのままだと型崩れしてしまいますので、スーツ用の太いハンガー(木製のものは、湿気を吸収してくれるのでオススメです)に付け替えて保存しておきましょう。

参考:リネット公式ブログ

すぐにクローゼットにしまわず一度部屋で陰干しする

クリーニング済のスーツは、すぐにクローゼットにしまわず日光の当たらない室内で数時間陰干しをする様にしましょう。

そうする事で、すでに溜まっている湿気を取り除く事ができたり、万が一溶剤が服に残っているケースでもそれを取り除く事ができます。

参考:ワードローブトリートメント公式ブログ

参考:SPSO OSAKA

まとめ

では最後に、この記事の重要なポイントをまとめて終わりにします。

■スーツの宅配クリーニングでオススメなのは以下の4業者

  • 安く早く、実績のある所にお願いしたい→リネット
  • クリーニング+長期保管したい→リナビス
  • 高級・オーダーメイドスーツを出したい→プラスキューブ
  • スーツに気になるシミがある→クリコム 

■スーツを宅配クリーニングに出す際は以下の2点に注意すべき

  • 必ず上下セットでクリーニングに出す(風合いが上下で変わるから)
  • ポケットの中身は必ず空にしておく

■スーツが宅配クリーニングから帰ってきた後はすぐに以下3点を行うべき

  • すぐに包装を取って仕上がりを確認する
  • スーツ用のハンガーに付け替える
  • すぐにクローゼットにしまわず一度部屋で陰干しする

ここまで読んでいただいたあなたが、自分にぴったりの業者にスーツを出す準備ができている事を心から願っています。

タイトルとURLをコピーしました