おすすめの宅配クリーニング店まとめを見てみる➡︎

シーツのクリーニング!宅配クリーニング料金の相場・期間と業者

「シーツをクリーニングに出したいけど、料金はどれくらいかかるんだろう?」

「シーツは宅配のクリーニング店にお願いできるのかな?」

とお考えでしょうか?

シーツは、ほとんどの宅配クリーニング店にお願いすることが可能です。

そこでこの記事では、

  • シーツクリーニングの料金相場
  • シーツを宅配クリーニングに出す際のお勧め業者
  • 自宅でシーツを洗いたい人向けの注意点

をお伝えします。

お読みいただければ、今のスーツをどうやって綺麗にするかをこの場で決めることができますよ!

シーツクリーニングの料金相場

では最初に、シーツのクリーニングにどのくらいかかるのかをお伝えします!

有名な業者の料金一覧は、コチラの通りです。

宅配or店舗クリーニング店名シーツクリーニングの料金
宅配リネットダブルまで:1220円
宅配洗濯倉庫ダブルまで:730円
宅配(布団専門)しももとクリーニング700円(単品注文はできない。)
店舗白洋舎ダブルまで:550円
店舗ホワイト急便シングル:350円ダブル:400円

店舗だと500円程度、宅配だと1000円前後が料金相場となっています。

宅配だからといって、大きく料金があがる訳ではないですね。

シーツのおすすめ宅配クリーニング業者2選!

では次に、シーツを出すのにおすすめな宅配クリーニング業者を2社、お伝えします!

洋服と一緒にシーツを出したい方におすすめ:リネット

シーツと他の洋服を一緒に出す予定のある方は、リネットがお勧めです。

リネットは、宅配クリーニング業界シェアNo.1のお店です!

  • 会員数35万人以上
  • 累計クリーニング点数1000万点超

という圧倒的な実績を誇るので、安心してクリーニングに出せます。

リネットのシーツクリーニング料金・期間

リネットのシーツクリーニング料金と期間は、コチラです。

シーツのサイズ料金
ダブルまで1220円
クイーン1630円
キング2040円

クリーニング期間:最短7日(プレミアム会員の場合は最短5日)

*+400円で銀イオンによる抗菌・防臭仕上げオプションが利用可能です!

リネットでシーツを出す時は送料に注意

リネットに限らず、単品見積もりの宅配クリーニング店は、以下のように合計料金が低いと送料がかかる仕様になっています。

会員種類送料
通常会員(無料会員)8000円未満→1800円8000円-10000円→900円10000円以上→無料
プレミアム会員(有料会員)※月額300円の会員※初月無料キャンペーン中2400円未満→1800円2400円以上→無料

そのため、単品で頼むと送料がかかってしまいます。

しかし一方で、リネットは初月無料でプレミアム会員に入れ、そうすると送料が無料になりやすくなります。(このプレミアム会員は一度頼めば解約できます)

なので、リネットは業者の中でも送料がかかりづらく、この点でもお勧めといえます。

リネットの洋服クリーニングの料金や、実際に私が使ってみた体験談をコチラの記事で紹介しています!興味のある方は是非ご覧ください。

布団と一緒にシーツを出したい方におすすめ:しももとクリーニング

布団と一緒にシーツをクリーニングに出したい方は、布団クリーニングの大手「しももとクリーニング」がお勧めです。

しももとクリーニングは、12万枚の布団クリーニング実績を誇る、業界内で知名度のあるクリーニング店です。

一番の特徴は「漂白剤や合成洗剤を使わず、石鹸だけを使ってクリーニングするので肌に優しい」という事です。

石鹸は肌に優しいので、肌の弱い方や子供でも安心して利用できるんです!

あと他にも

  • 布団を1枚1枚別々にクリーニング(完全個別洗い)
  • 布団のカルテを作り、シミや仕上がりチェックを実施

など、布団クリーニングへのこだわりも豊富です。

布団+シーツをクリーニングに出したい方は、しももとクリーニングにしておけばまず間違いありません!

しももとクリーニングの布団・シーツクリーニング料金・期間

しももとクリーニングでは「布団クリーニングのオプションとして」シーツがクリーニングできます。

<布団クリーニングの料金>

枚数料金
1枚8800円
2枚11800円
3枚13800円

シーツの料金→1枚700円で追加可能。

送料→無料

クリーニング期間:約2週間(布団クリーニングに時間がかかるため)

シーツを自宅で洗濯する時のポイント

シーツのクリーニングは、基本的にこれまでに紹介した2社にお任せしておけば大丈夫です。

ただ「料金が高いな」とか「すぐ受け取りたいな」などの理由で、自宅でシーツを洗いたい人向けに、自宅でスーツを選択する時のポイントをお伝えします!

ポイント1:利用する洗剤に気をつける

シーツの洗濯は、洗濯表示やシーツの色によって使うべき洗剤の種類が変わってきます。

以下のように、利用する可能性のある洗剤は3つです。

  • 洗濯表示に「中性洗剤使用」の記載がある→中性洗剤
  • 「中性洗剤使用」の記載がない、きなり・淡色のシーツ→一般洗剤(蛍光材配合なし)
  • 「中性洗剤使用」の記載がない白色のシーツ→一般洗剤(蛍光材配合あり)

参考:https://mykaji.kao.com/washing_guide/10428/

「中性洗剤使用」の記載があったら、必ず中性洗剤を使う

洗濯に使われる洗剤には、大きく「中性」と「弱アルカリ性」の2種類があります。

このうち「中性」は色合い・風合いを保ちながら洗濯が行える「繊細な素材向け」の洗剤です。(逆に弱アルカリ性は、素材への刺激が強いです。)

そのため、シーツの洗濯表示に「中性洗剤使用」の記載があったら、必ず中性洗剤を利用するようにしましょう。

きなり・淡色のシーツは「蛍光材配合なし」の洗剤を使う

きなり・淡色などいわゆる「白ではなくベージュ色」のものは、蛍光材を配合していない洗剤を使うようにしましょう。

蛍光材は、簡単にいうと「白い素材をより白くする」効果があります。そのためベージュ色などの白色ではないシーツで利用すると、本来の色味が落ちやすくなっていしまいます。

蛍光材が使われているかは、洗剤の裏面を見れば確認できます。

必ず確認するようにしましょう。

ポイント2:洗う前に裏側の汚れを落としておく

シーツは裏側、特に角の部分にゴミや汚れがたまりやすいです。

この汚れは、洗濯機でも落ちにくいので洗濯前に裏返し、掃除しておくことがおすすめです。

ポイント3:洗濯ネットに入れて洗濯する

シーツをそのまま洗濯機に入れて洗濯すると、素材が洗濯機のドラムに擦れて、布の繊維が痛みやすくなっています。

そのため、洗う時は洗濯ネットに入れることをお勧めします。

入れる際のポイントは以下の2つです。

  • 蛇腹おり(縦に山折り、谷折りの順番で3つに折る)をする
  • 汚れが激しい部分が、なるべく外側にくるようにする

まとめ

では最後に、この記事のまとめをお伝えします。

  • シーツのクリーニング料金の相場は「店舗:500円」「宅配:1000円」程度
  • シーツの宅配クリーニングは「リネット」「しももとクリーニング」がおすすめ
  • シーツを自宅で洗濯する場合は、使う洗剤やネットが必要なことに注意

ここまでお読みいただいたあなたが、自分にとってベストなクリーニングができる事を心から願っています!

タイトルとURLをコピーしました